グループウェアを導入するときに注意する点

グループウェアを導入するときに検討する必要がある事柄として挙げられるのが会社の経営規模についてです。大きな経営規模の会社ならば、秘密情報が記載された文書を役職者にだけ公開する場合や、事前に承認を得られている人たちだけに公開する場合など文書を管理する一定の規則が定められていることがあります。



しかし、小さい経営規模の会社のときは、伝達したい情報は原則として社員全員で共有していく形で業務を遂行することがほとんどです。ですので、小さい経営規模の会社では、情報の伝達をする人を一部の人に限定するような機能はあまり必要になりません。

このように、大きな経営規模の会社に対応しているグループウェアが、必ずしも小さい経営規模の会社でも充分に活用できるとは限らないことになります。

1人1人に合った日本経済新聞関連情報サイトです。

導入する会社にとって最適な会社の経営規模向きのグループウェアを選択するということが重要になります。
また、グループウェアは情報を共有するべき対象者全員に、使用をしてもらう必要があります。

一人でも従来の方法を貫こうとする人が残っていると、従来の方法も残したまま運用していかなければならない事になります。

この運用では余計なコストが発生するだけになってしまいます。

グループウェアを使っている人がメリットを感じられやすい、楽しい使い心地の環境を整えた上で、幹部の人間にも強力を仰ぎ、できるだけトップダウンで利用してもらうようにします。

ダブル運用では業務の効率化が進みません。



Copyright (C) 2016 グループウェアを導入するときに注意する点 All Rights Reserved.