クラウド型グループウェアのメリット

グループウェアのうちオンプレミス型と呼ばれるタイプは、サーバーを自社で用意する必要があります。

そこへ自社専用のソフトウェアをインストールして運用します。

このタイプを一から構築しようとすると、サーバーやソフトウェアを購入するコストがかかり、初期費用が高くつくという短所があります。
またメンテナンスも自社で行なわねばならないため、ランニングコストも安くはありません。

しかし既存のシステムがある程度まで出来上がっている場合、グループウェアをアレンジして適合させやすいというメリットがあります。

運用上の自由度も高いため、標準から外れた処理が多い時にも対応しやすいのが特徴です。こうした性質は、どちらかといえば大企業に向いていると言えるでしょう。

反対にクラウド型のグループウェアは、サーバーもソフトウェアも外部のものを利用するため、初期費用は少なくて済みます。



不具合があった際のメンテナンスも、基本的には外部の業者が責任を持つので、利用者側はコストを気にする必要がありません。



インターネットを利用することから、社外のスマートフォンやタブレットをシステムに組み込みやすいというメリットもあります。

しかし自由なカスタマイズは難しく、マニュアルどおりの運用しかできないのは短所です。

マイナビニュース情報選びはインターネットで行う時代です。

また外部の回線を使うため、セキュリティ上の不安が皆無とは言えません。以上のような性質から、とりわけ中小企業で採用が進んでいるシステムです。

Copyright (C) 2016 クラウド型グループウェアのメリット All Rights Reserved.