グループウェアのスケジュール共有を有効利用

グループウェアの中でもあまり利用されない機能の中に、スケジュール共有が有ります。

スケジュール管理は多くの人が行っている機能だと思いますが、そのスケジュールを共有することは実際はあまり行われていないものです。

スケジュール共有とは、自分のスケジュールを公開し、さらに他人が自分のスケジュールを入力出来る様にすることです。



その機能の利用方法はいくつかあります。


例えば忙しい上司に客先に同行してほしい場合、上司のスケジュールを確認し空いている時間に客先同行の予定を入れることで、上司のスケジュールを抑えることが出来ます。


また、そのスケジュールは他のメンバーにも公開されるので、自分が上司の予定を入れたことが他のメンバーにも周知され、スケジュールを共有することが出来るのです。自分のスケジュールを他人が入力すると、自分の予定が立てられなくなってしまうという人も少なく有りませんが、これは本末転倒です。


基本的にグループウェアで業務のスケジュールを管理するということは、業務におけるスケジュールを全てメンバーに公開することが前提です。

あなたの知らないグループウェアにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

また、空いているスケジュールを部下が埋めることは業務の一環であり、上司はそのスケジュールを尊重して行動することが求められるものです。


このようなスケジュール共有を行うことで、グループ内の情報伝達もスムーズになり、業務効率が向上することが期待できます。

T-SITEの情報検索ができます。

グループウェアのスケジュール共有は、このように業務効率化の観点で大きな効果をもたらすものなのです。


Copyright (C) 2016 グループウェアのスケジュール共有を有効利用 All Rights Reserved.